福島の野外遊び:Blog版

2006-03-28

2006年雪洞

3/25-26
今年も盛大に雪洞大会をやりました。月曜日に掘った続きを1時くらいから始め4時ちょっと過ぎに終了です。konさんが新しいスコップをわざわざ東京、横浜で2ヶ調達してくれて都合5ヶのスコップで効率よく?掘り進みました。ただ、大人は私とkonさんだけで、子供達が随所で手伝いをしてくれました。
雪洞

2箇所から掘り進みそれが貫通したところです。
雪洞

大人も3浦さんとカニ屋さんが集合し宴会開始です。とても広い雪洞です。手前が宴会場、奥の部屋は寝室でバカ息子達がゲームしたり漫画本を読んだりしています。
メニューは豆乳ごま鍋、キムチ鍋とうどん、焼きそば、餃子などでした。
雪洞

寝室側からみた宴会部屋
雪洞

寝室です。
雪洞

26日朝になって撤収。何もないとこんなにひろいのです。ちょうど12人ここに寝ました。
雪洞

朝になってカニ屋家のチョビ登場。
雪洞

雪洞が終われば恒例の新野地温泉・相模屋へ。いつ来ても最高!
雪洞
久しぶりの露天風呂。鬼面山が荒々しい。
雪洞
22:51:54 - hanz - No comments TrackBacks

2006-03-22

土湯温泉

雪洞を掘った後はもちろん温泉です。最初土湯の日帰り温泉施設の『樹泉』に行きましたが、700円と言うことでやめ!庶民の『中ノ湯』へ行きました。前は50円とか100円で入れたのですが、今は200円になってしまいました。近々自動券売機が導入されるそうです。相変わらず熱かったですが、入っているうちになれてきます。体を真っ赤にしながらポカポカ暖まりました。
中ノ湯
その後行ったことがなかった足湯へ。昨年出来たんだっけ?なかなか雰囲気の良い場所です。親水公園も整備中で夏は結構良いかも。
土ゆっこ
23:11:54 - hanz - No comments TrackBacks

雪洞復活! 

3/20
昨年は忙しくて中止しましたが、今年は雪洞復活!飛び石連休の3/20は休みを取り、偵察と仮掘りをしてきました。なんと、今年は磐梯吾妻スカイラインの開通が4/8(なんだか雪の回廊がはやっているせいかな?)と言うことで除雪が進んでおり、いつも掘っている場所は雪を捨てる場所が無くて駄目。周辺を探して歩いてみましたが、発達した低気圧のせいでもの凄い風。寒かったよ。
雪洞1
あまり良い場所が無くいつもの場所からとっとだけ離れた雪が捨てられそうなところを見つけて掘り始めました。掘り始めて2時間くらいで笹と木が出てきて地面も出現。あまり奥までは行けないと言うことでそこから横に掘り始め2-3人なら泊まれそうな広さまで穴を広げた所で終了。歳を取ったので疲労困憊状態でした。いたずらされないように入り口をブロックで塞ぎ帰り道へ。
雪洞2
帰りも風が強く寒かった、が後ろから吹く風なので少しは良かった。
雪洞3
23:01:47 - hanz - No comments TrackBacks

2005年度卒団記念交流大会

3/19
今年も卒団記念交流大会を行いました。うちのチームと隣の大森チームの共催で、今年交流のあった全11チームで総当たり戦を行いました。毎年そうなんですが、全国大会へ行くチームの壮行会になっていて、今年も郡山のブルースターキングも参加しました。で、全勝でそのブルースターキングが優勝しました。(毎回全国へ行くチームがやはりちゃんと優勝しています)やっぱり強いね!この勢いで全国制覇もして欲しいです。
卒団

今年はアトラクションゲームとして6年生だけを組み合わせて5チーム作りそれも総当たりを行いました。チームワークの練習はしていなくてもさすがに各チームを引っ張る選手達です。盛り上がりました。ブルースターキングだけはレギュラーチームで参戦してもらいましたが、試合続きで疲れもあったせいか2敗しました。それにしても集中力は凄かった。全国大会に向けて良い練習になったと思います。何しろここ最近は負けたことがなかったので良い薬にもなったと思います。(それにしても6年の強い選手だけ集めてやっと勝てるんだから、ホントに強いんだね!)頑張れブルースターキング! 写真は鳥川と大森、緑が丘の混合チームです。
卒団2
22:44:22 - hanz - No comments TrackBacks

荒船山

3/18
諏訪での研修後さっそく福島に向かいました。中仙道を通り、佐久付近で雄大な浅間山を見てから内山峠から下仁田に向かいます。途中で荒船山の雄姿を拝見。ルンゼには有名な氷柱が見えます。昇天の氷瀑と言ったかな?いつか登ってみたいですね。付近には沢山の氷瀑があって見応えがあります。車を止められるところがないのでじっくり見ることは出来ませんでした。真冬はもっと凄いんでしょうね。この辺りを通るのは真っ暗な時ばかりなのでこの眺めが見られないのは残念ですね。
荒船山
22:30:47 - hanz - No comments TrackBacks