福島の野外遊び:Blog版
中年の独り言/最近は長野単身生活日記

2009-10-25

久しぶりの献血


バセドウ病になってから暫く献血できませんでしたが、薬をやめて半年経ちましたので6年半ぶりに献血しました。ずっと49回でとまっていたのですが、ついに50回達成です。とは言ってもかつては400cc抜くと2回分ハンコをもらっていましたので実質40回くらいでしょうか??

血を抜くと夕方には体が熱くなってくるのがわかります。今もなんだか疲れがどっと出ている感じです。体の中で一生懸命新しい血を作っているんだと思います??今日は早く寝るぞ〜〜〜
02:27:05 - hanz - 2 comments TrackBacks

2009-08-11

回復傾向か?座骨神経痛、&NV200燃費について

椎間板ヘルニアからくる座骨神経痛、なんだか少しずつ良くなっているような気がします。
夏になって暖かいのも要因でしょうが、4,5,6月よりだいぶ良くなっているような気がします。
先週の日曜も薬を飲みながらでは有りましたが、無事ドッジボール大会の審判を勤め上げました。
このまま良くなってくれると良いのですがね・・・・
ヘルニアが無くなることは無いらしいので、うまくつきあってないとある日突然動けないほど痛くなることも有るので要注意ですが。

【バネットNV200】
今週は長野までNV200に乗ってきました。
白河でドッジボールの大会だったため、福島=白河=北陸道=伊那という約600kmの道のりです。
時速90〜100km前後で燃費走行してきましたが、結果16.4km/lを記録しました。
途中妙高高原付近で渋滞となってしまい、ここでだいぶ落ちちゃいました。
帰りは燃費が良いはずなので、のんびり90km前後で走って17.5kmを目指します。

ところで、NV200の燃費計について。
福島でセルフで満タンタプタプにガソリン入れて、それで長野に来て同じように満タンタプタプに入れました。そしたら燃費計の16.3kmに対し、15.2kmでした。
ということは7%も誤差があります。
moco号は97000kmで0.05%の誤差しか有りませんから困ったものです。
帰りにも同じように7%誤差が出るのか計測します。
23:43:46 - hanz - No comments TrackBacks

2009-07-01

椎間板ヘルニア PLDDで治療へ!

PLDDの治療を受けに愛知県まで行ってきました。

ここ伊那から高速使って150km、案外近い、のんびり行って2時間半で到着、早速診察を受け、MRI、X線写真を撮ってまた診察、そしてレーザー手術のはずが、なんといきなりこのヘルニアは無理だとのこと。大きすぎてレーザーでは気休めにもならないだろうということです。せっかく今日でこの座骨神経痛ともおさらばだと思っていたのが・・・・写真を見せてもらったらなるほど、だらしないくらいヘルニアが飛び出ていてちょっとやそっとでは直りそうにも無い。

で、今日は仕方ないので脊椎ドックということでさらにCTスキャンをとり、もう一度診察、骨は異常がないとのこと、そして手術をどうするかです。

この病院は日本で唯一?のPELD(経皮的内視鏡腰椎ヘルニア摘出術)を行っている病院で、わずか6mmの切除で内視鏡を送り込みヘルニアを取ってくれるのです。しかも1泊2日もしくは2泊で。ところが、そこからが問題、なんとこれまた保険が利かないため110万円(2泊は120万円)もかかるのです。

※椎間板ヘルニアの手術はその手術の規模、やり方によって費用はいろいろのようですが、保険診療で自己負担2割で20〜30万というから実際にかかる費用は100万円以上ってことですね。とすると、110万円であれば適当な費用と言えるんじゃないでしょうか?

その手術をするかどうか決めていませんが、通常であれば2〜3週間の入院が必要になりますので画期的に短いし、人体への負担も非常に小さく、成功率も高いとのこと。とりあえず、やると決めたらすぐにできるように術前検査をやってきました。

ということで、今日一日でかかったお金は交通費の6千円位と病院の検査代8万円、いったいなんだったんだろう////
23:24:40 - hanz - No comments TrackBacks

2009-06-14

椎間板ヘルニアでお悩み中

椎間板ヘルニアは良くなることもなく、動けなくなるほどひどくもならず、小康状態と言ったところでしょうか。じっと立っていなければ何とかなるので手術をするかどうか悩んでいます。

手術も最近は切開は最小限で3週間くらいで社会復帰できると言うが、何しろ会社は不景気でとても休める状況ではない。というか、3週休むと言うことは助っ人が来るか、それとも今のメンバーでやるクリすることになるけれど、それでやっていけるじゃんとなれば私なんて不要だったと言うことになる。会社なんてそんなモンです。

で、今検討しているのがPLDDというレーザーを使った治療法。
ーーーーーーー
レーザー治療PLDDは直径1mm程度の針(レーザーファイバーを内包) を患部の椎間板に挿入し、レーザー照射によって「髄核」を蒸発させます。 椎間板内の髄核を蒸発させる事によって内部の圧力を減圧させ、はみ出たヘルニアを引き戻す 事が目的です。
ーーーーーーー
なんと、施術時間は段取り含めて30分くらいとか。
俗に言う半日手術、日帰り手術です。
成功率は60〜90%とホームページによって違いはあるし、否定する記事も多く何が何だかという状態。
で、失敗してもやり直すか、手術すれば良いようなので、試しにやってみたらと思うのですが、費用が問題。
保険が利かないために、安いところで35万、有名な実績有るところだと60万以上するのです。

今日福島の整形外科からMRIの写真をもらってきました。
PLDDの病院で無料診断をしてくれるというので見てもらおうと思います。
治るんであればお金は何とかするしかないかな。

00:27:08 - hanz - No comments TrackBacks

2009-01-29

近況

【バセドウ病】
ドッジボールと知り合った頃(2003年)からのつきあいです。しばらく2日に1錠の薬で安定していたため1ヶ月薬をやめてみましょうと言うことで、年末から年始にかけてやめてみた。が、10日ほど過ぎたあたりから脈拍が高くなり、これはやばいと思い挫折。なかなか表参道の医者に行く時間が取れずこの病気とはしばらくつきあっていくしかなさそうです。

過去の闘病?日記
http://www1.linkclub.or.jp/~hanz/basebase.html

【座骨神経痛】
 冬になり寒くなったせいか痛みはどんどん増すばかり。特に朝はひどい。座っていると大丈夫なので痛くなったら座る。
寒さは大敵と言うことで、タイツは勿論のこと、腰(腰椎)部分と太ももの裏にホッカイロ、暖めております。
 昔、椎間板ヘルニアの時に一発回復した整体では効果が出ませんでした。治療費も高いし、毎回同じメニューなのでやめにしました。
 それで接骨院に通い始め、毎週土曜日は加温、電気マッサージ、人マッサージのメニューで治療を続けています。

 過去のプチ病気について
http://www1.linkclub.or.jp/~hanz/yakudoshi.html

【ウォッシュレット】
 年末に自宅のウォッシュレットが故障し、TOTOに電話しようと思っているうちに年末年始休暇になったので思いきってホームセンターで量販店用ウォッシュレットを購入。2万5千円くらいでした。
 で、先週壊れたウォッシュレットを修理してもらいあっさり直ってしまいました。と言うことで、一応元からついていたほうが高級品だったのでそのまま自宅のトイレに取り付け、新しいものを長野のアパートに持ち込みました。なんだか嬉しくて夜中の1時頃に長野に到着したのだけれど、それからすぐに取り付けを行いました。
 最近はどこに行ってもウォッシュレットついてますね。高速のPAにもアルのです。なかなか不特定多数の人が利用するのはいかがなものかと思いながらも、ただ紙で拭くより清潔な感じはします。TOTOだって汚れが次の人に持ち越さないように工夫しているはず?だし。
 会社ももちろん、だからほとんどの場所でウォッシュレットです。
 天山山脈に行った時もハンディーウォッシュレットを使っていました。

【風邪予防】
 長野(伊那)は標高が高く、寒く、天気が良いためメチャクチャ乾燥しています。だから部屋では対流式のストーブにヤカンを載っけて加湿、寝るときも加湿器稼働しています。
 昼はマスクをしています。インフルエンザの予防にもなるし、乾燥した空気の中で生活するのは苦しいです。
 モンベルの腹巻きも買ってしています。お腹を冷やすのは一番×ですから。
23:03:06 - hanz - No comments TrackBacks