福島の野外遊び:Blog版

おやじの春キャンプ



毎年恒例?の5月連休キャンプ、今年はなんと!オヤジ3人だけのキャンプになりました。
ちょっと前だと、総勢20名くらいの大がかりなキャンプだったのですが・・・

場所はいつもの水林自然林、ここは無料だし、なんと昨年からは汲み取りではありますが洋式便座の簡易水洗トイレになったのです!しかも焚き火は直火でOK!駐車場から離れているのがちょっと問題ですが、荷物運びの為だったら一時的ににゅうじょうOK! 何とも素晴らしいキャンプ場なのです。
焚き火の木はそこいら中にあって不自由しません。
そうそう、ビールがなくなったら最寄りの7-11まで徒歩10分です。
実は徒歩3分の所には福島の観光スポット”四季の里”があって、面倒なときはそこのビール園でジンギスカンなんてのもアリです。

我が家は三男が中学生になりましたが、部活がまだ本格的じゃないので連休中はお休み。なので、今年が最後の家族キャンプになるだろうな〜〜〜って思っていたのですが、あまり興味がないらしく、家でゲームしてたほうが面白いみたい。妻も最近はドッジボール以外ほとんど一緒に出かけることはないし、長男は言うまでもなく、次男は部活で忙しい。
って訳で、一人寂しくキャンプ場へ。
いつも家族で参加のKonさんは岩手方面に行ってしまって一気に寂しくなりました。
てなわけで、オヤジ3人での寂しい夜となりました。
・・・・夕方には康成妻と次男!、コバ親子が参戦し焼き肉を食べていったのですが、帰ってしまうと残るはオヤジと焚き火のみ。
いやいや、焚き火は相変わらず楽しいね〜〜〜
でも私はヘルニアの影響でなかなか動き回ることができず、いつものように燃やしまくれない。Miuさんに薪集めずいぶんしてもらいました。




昔の懐かしい話ずいぶんしました。
忘れていたことや、長年つきあってきて初めて知ったことや、いろんな話ができました。
でも女性とは違って、やはりそうそう話は続きません。
そんなときは焚き火に集中です。
携帯で、来なかった連中に嫌がらせのように連発してメール送ったり。
でも、フランスのリカールから返信来たのに近くのオヤジからはメールが来なかった。

で、朝はのんびり起きて、あずま温泉に入って帰ってきました。

来年もこの調子でオヤジキャンプするぞ〜〜〜

posted at 00:05:16 on 2009-05-07 by hanz - Category: 摩利支天 TrackBacks

コメント

大智 wrote:

夏キャンプがあったらぜひ参加したいです。
自転車帰省を考えているのでツーリングにでも。
2009-05-29 22:49:40

hanz wrote:

そうだね〜
夏キャンプするか!
自転車でいっぱい走ってみたい!
でもヘルニアが・・・・
2009-05-31 23:49:01

コメントを追加

:

:

トラックバック

TrackBack URL