福島の野外遊び:Blog版

椎間板ヘルニア PLDDで治療へ!

PLDDの治療を受けに愛知県まで行ってきました。

ここ伊那から高速使って150km、案外近い、のんびり行って2時間半で到着、早速診察を受け、MRI、X線写真を撮ってまた診察、そしてレーザー手術のはずが、なんといきなりこのヘルニアは無理だとのこと。大きすぎてレーザーでは気休めにもならないだろうということです。せっかく今日でこの座骨神経痛ともおさらばだと思っていたのが・・・・写真を見せてもらったらなるほど、だらしないくらいヘルニアが飛び出ていてちょっとやそっとでは直りそうにも無い。

で、今日は仕方ないので脊椎ドックということでさらにCTスキャンをとり、もう一度診察、骨は異常がないとのこと、そして手術をどうするかです。

この病院は日本で唯一?のPELD(経皮的内視鏡腰椎ヘルニア摘出術)を行っている病院で、わずか6mmの切除で内視鏡を送り込みヘルニアを取ってくれるのです。しかも1泊2日もしくは2泊で。ところが、そこからが問題、なんとこれまた保険が利かないため110万円(2泊は120万円)もかかるのです。

※椎間板ヘルニアの手術はその手術の規模、やり方によって費用はいろいろのようですが、保険診療で自己負担2割で20〜30万というから実際にかかる費用は100万円以上ってことですね。とすると、110万円であれば適当な費用と言えるんじゃないでしょうか?

その手術をするかどうか決めていませんが、通常であれば2〜3週間の入院が必要になりますので画期的に短いし、人体への負担も非常に小さく、成功率も高いとのこと。とりあえず、やると決めたらすぐにできるように術前検査をやってきました。

ということで、今日一日でかかったお金は交通費の6千円位と病院の検査代8万円、いったいなんだったんだろう////

posted at 23:24:40 on 2009-07-01 by hanz - Category: 健康について TrackBacks

コメント

No comments yet

コメントを追加

:

:

トラックバック

TrackBack URL