福島の野外遊び:Blog版

春の全中ハンド 富山県氷見市 3月26日

3/26 富山県氷見まで行ってきました。
誕生日の3/25に仕事を終えてから一旦福島に戻り、嫁さんと一緒に朝6時15分福島出発、到着12時15分頃?
試合開始 13時
試合終了 14時 愛媛県松山市?の久米中学校に負けました。強かったです。
それからお土産を買って帰宅の途に。
氷見うどんを食べようと思ったらちょうど昼と夕方の間の休憩中、仕方ないので”きときと鮨”(きときとってのは富山弁で新鮮という意味だそうです)で大トロ食べてきました。
そして雪降る中北陸道を走らせ、そのうち夜中の12時を過ぎたら1000円になること思い出し一気にスローダウン、休憩いっぱいしながら12時丁度に福島西インター到着、いい加減眠いです。
2日で480Km+900Km走りきりました。

で、鼻水、涙がひどくてどうしたものかと薬局に行きましたが、花粉症だろうとのこと。内服薬と点鼻薬を買って使用したら効くではないか!ということはやはり花粉症?まいったな!
ところで、富山はドラッグストアが少ないような気がしました。常備薬があるからかな〜って勝手に想像しましたがいかがでしょうか??

氷見市は観光や海産物などでとても有名な町です。私が知っている限りではブリ、ホタルイカ、そして氷見うどん。で、ハンドボールが盛んで、この春の全国大会を町を挙げて応援しております。毎年やってるんですよ。だから氷見市のチームのレベルも高く、富山県の代表は決まって氷見市から出る訳です。
ハンドボールの日本代表選手で海道衛秀と言う人がこの地の出身だそうです。

体育館は町のすぐ近くの山の中ですが、とても立派な体育館です。

ハンドのコート2面と1面とれるサブコートがあります。
試合時間は全後半+休憩で1時間だから3コートあってもそんなに沢山試合は出来ません。これはやっぱり5分で勝負決めるドッジの勝ちです!??

さて、さすが全国大会です。
選手の確認は事前に提出された写真を確認しながら選手が入れ替わっていないか確かめます。


ドッジの場合はそういったことは結構雑ですね。
まあ、モラルの問題だからそこまでやる必要もないとは思うのですが。

とりあえずそんなところです。
我がチームは、一昨年のドッジキッズ二人が1年生ながらレギュラーで出場し、チーム得点の半分近くを取ってくれました。
我が息子はユニフォームは与えられたものの出場の機会はなく、ベンチを温める係でした。
新年度、3年生が引退したらレギュラーになれるんだろうか??
いずれにしても来年も氷見に行ってみたいので、ぜひとも頑張ってもらいたい。今度は泊まって、のんびりおいしいものを食べてきたい。

posted at 00:36:35 on 2010-04-07 by hanz - Category: レジャー情報 TrackBacks

コメント

No comments yet

コメントを追加

:

:

トラックバック

TrackBack URL