福島の野外遊び:Blog版

2006-07-31

磐梯山登山

毎年恒例行事になってきた摩利支天夏登山、今年は磐梯山に行ってきました。福島県の代表的な山ですが、私は初挑戦です。今回は裏磐梯スキー場から噴火口を一周するコースをとりました。参加者は私と三男、konさんと娘二人、純ぺの合計6人。
7時50分に標高950mの裏磐梯スキー場を出発、磐梯山の頂上付近はガスに覆われていましたが天気は良く、それでいてカラッとした涼しいまさに登山日和です。スキー場から林に入り、小沼や眺めの良いガレ場など順調に高度を稼ぎ噴火口付近まで進みました。火口付近は土石流の巣で登山道も度々流出しているようです。そこから写真の左端付近の急な標高差250mの尾根を登ります。
噴火口付近

林の尾根からガレの急な登りになりますが、鉄の手すりが設置されており安心です。後ろの沼は銅沼(あかぬま)です。
火口壁

登り切る寸前の純ぺです。登り切ったら標高1450m有ります。登ってきたのと反対側には沼ノ平の小沼が見え、とても気持ちがよい場所です。櫛ヶ峰方面は更に荒々しく、ちょっと登ってみたいのですが、登山道はありません。
火口壁2

磐梯山に向け眺め最高の尾根を進みます。人通りも少なくとても快適!相変わらず頂上付近はガスに隠れています。
馬の背

暫く進むと湧き水発見!これが弘法清水か!早速飲んでみましたが、冷たくてとてもおいしかった。
ニセ清水

もうちょっと進むと弘法清水小屋。標高1630m。本物の弘法清水はここにありました。ここには2軒の小屋がありますが、売店で泊まる施設はないようです。息子はジュースが300円で売っているのを見てびっくりしていました。町中との違いがイマイチわからないようです。
この売店付近には小学校、中学校の遠足団体がいて滅茶苦茶混んでいました。表参道並みの混雑でした。
弘法清水

そこから頂上まで一気に登ります。とは言っても頂上から下ってくる大勢の人がいたので狭い登山道では度々止まることになりました。私は磐梯山の頂上付近は安達太良山のように木がないと思っていたのですが、ただの思い違いでした。ここの登りはずっと背の低い林の中でした。それでも頂上は石ころごろごろで頂上らしい頂上でした。が、ガスの中で残念ながら眺望はありませんでした。だいたい11時頃着きました。ここまで3時間、ずいぶん休んだのでそれにしてはなかなかのペースです。磐梯山の標高は1818.6mですが、独立峰なので登った気がします。
頂上

頂上にはウスユキ草がありました。飯豊あたりから風に乗って飛んできたのか、鳥が運んできたのか?吾妻山や安達太良では見たことがないのでちょっとびっくりです。
ウスユキ草

下りは中ノ湯方面からです。弘法清水から林の中をだらだらと下りました。途中のぼりがあったり、あまり快適ではありません。眺めも全然無くて疲れも出て膝も痛くなってきてちょっとイヤな下りでした。と、突然尾根に出たところで眺望が開けました。裏磐梯がとても綺麗に見えました。
裏磐梯の眺め

中ノ湯直前で道は分かれて裏磐梯方面に向かいます。中ノ湯にお邪魔したかったですが、子供達が早く下りたいというので廻らず下り始めました。急な部分も有りましたが良く整備されており安心して進めます。ただし、相変わらず林の中で眺めもなくちょっとつまらないですね。途中湿地帯で苦戦したり、息子は川渡りでこけてしまったりしましたが何とか無事に銅(あか)沼へ。鉄分が多く赤い沼です。魚はやはりいないようですが、微生物や水中生物は沢山いました。
銅沼

そしてスキー場直前の小沼付近で、なんと登山道が水没!!しているではないか!!!林の中も駄目そうなので、靴も汚れてしまっているしそのまま進むことに!結構深く30cmほどの水深があったでしょうか。50m位気持ちよい思いをしましたが、子供達には不評でした。ところが渡りきったところでkonさんが林の中に巻道を発見!濡れないでくることが出来ました。
登山道水没

靴をくちゃぐちゃにしながらもスキー場に到着、檜原湖を見ながら疲れた足をいたわりつつ駐車場へ。2時20分無事に到着しました。お疲れさまでした。
裏磐梯スキー場
22:47:46 - hanz - No comments TrackBacks

2006-07-25

大雨の爪痕

7/19の大雨により諏訪・岡谷、伊那地方がたいへんな被害に遭いました。洪水と言うより、ほとんどが土石流による家屋、交通機関、田畑の流失です。私の住んでいる箕輪町周辺の道路はほとんどが被害に遭いました。高速道路は通行止めになるし、飯田線も不通でいつ開通するか?塩尻に向かう国道153号は流出、岡谷へ向かう県道も土砂が道をふさぎ、諏訪へ向かう有賀峠も一時不通に。また高遠から茅野へ抜ける杖突峠も不通になり、伊那から木曽へ抜ける権兵衛トンネルも通行止め!と言うことで東京、長野方面へ向かうことが一時出来なくなりました。

写真は辰野から諏訪に抜ける有賀峠です。一時通行止めになったようですが、ご覧の通り金曜には大丈夫になりました。山の傾斜はたいしたこと無いのに林を超えて土砂が!ここの近くは人家の被害はなかったようですが、麓の辰野町、岡谷市では死者・行方不明者も出てしまいました。



ご覧のようにここも山の傾斜はたいしたこと無いのに土石流が発生しています。被害は田畑だけ(それでもその持ち主にはたいへんな被害です)だったようですが、ここに家があったらひとたまりもありませんね。
23:00:31 - hanz - No comments TrackBacks

2006-07-19

大雨

梅雨の大雨です。昨日から断続的に雨が降り続き、諏訪湖の水位があがり、天竜川も増水。高速、鉄道など交通機関も麻痺。出勤しようとしていたら会社から電話があり、今日は臨時休業となりました。
昼頃には雨がやんだのですが、相変わらず天竜川の水位があがっていて危険な状態。一カ所決壊したとのニュースがありましたが、水があふれ出しているわけでなく一安心。私のアパートは川とは標高差がだいぶあるので安心。とりあえずその危険な天竜川を見なければ行けないと言うことで自転車で向かいました。下は途中で見た天竜川支流です。豪快に流れています。


天竜川の堤防に出るとなかなか凄いではないか。これに流されたらひとたまりもありませんね。



消防と警察に阻まれ?決壊場所までは行けません。当たり前か。仕方ないので近くの城跡の小山に登って見学しました。堤防は決壊していますが、ぎりぎりあふれ出してはいません。しかし鉄塔の足がすでに削られ始めており危険な状態です。


のんびり犬の散歩をしてる場合じゃありません。



16:26:38 - hanz - 2 comments TrackBacks

2006-07-11

7/9 夏の県大会 WANO優勝!

ドッジボール夏の県大会(県予選)が終了しました。我がチームは決勝トーナメント1回戦で早くも脱落してしまいましたが、一緒に練習させてもらっているWANOドリームズが息詰まる試合の連続でついにTOPに登り詰めました。本当に凄い試合の連続でした。特に準決勝では杉妻レボリューションとの戦いでしたが、1セット目は3-10で大負けし、気を取り直した2セット目が凄かった。内野数同数でサドンデスへ。そこからが凄い、4分間緊迫した戦いが続きましたが、ついにアタック成功!3セット目も目が離せない試合でしたが、WANOの集中は途切れることがありませんでした。
決勝はこれまた隣チームの大森ウイニングストリークと。大森さんはここ最近ずっと後一歩の所まで行くのですがツメが!!今回も残念!どんなに強くても県大会はあくまで予選。ここで1位にならないと全国大会へは行けません。
それにしても周りのチームはいつも勝ってて羨ましい・・・・うちも頑張らないと。
WANOドリームズ
21:59:38 - hanz - No comments TrackBacks

2006-07-06

なでしこリーグ(Lリーグ)応援 ガンバレ!マリーゼ

7/2 マリーゼ“10,001人の応援”プロジェクトに参加してきました。当日はあいにくの雨、寒く冷たい吾妻総合運動公園陸上競技場でした。
マリーゼ(Mareeze)はJビレッジを本拠地とする東京電力女子サッカー部で、たぶん福島県唯一のプロスポーツチームです。で、今のところなでしこリーグ8チーム中6位と低迷しており、こりゃ応援に行かないとと言うことで行ってきました。どうもこのLリーグで10,001人の観客動員が有ればリーグ記録と言うことで、それを目指し、入場料無料ではあったのですがさすがにこの雨では・・・・・それでもワールドカップの影響も有ってか続々と人が集まってきました。残念ながら“7370人”だったそうです。
肝心の試合ですが、相手は岡山の湯郷Belleで現在4位のチームです。なんと応援はたったの4人でしたが、圧倒的なアウエーの中でとても立派に応援してました。
はじめからBelleのペースになり、滅茶苦茶危ないシーンが3回くらい続きましたが、先制点はマリーゼ!しかし前半終了間際に同点に追いつかれ、更に後半はPKで逆転!!しかしホームのマリーゼはちょっと強かった。早坂選手の30m位のスーパーミドルシュートで同点に追いつきました。残念ながらそれで試合は終了。負けなくて良かった。女子サッカーも十分面白いことがわかったのでこれも収穫。


入場無料だったけど、雨の準備をろくにしなかったのでマリーゼポンチョを買って応援しました。


応援イベントもたいへんで、司会にアナウンサーの向井佐都子、応援団長に島崎俊郎、ゲストにはなわがやってきてとても賑やかでした。ハーフタイムにはチアリーディングがあったりしましたが、雨でちょっと盛り上がりに欠けました。
00:11:46 - hanz - 1 comment TrackBacks