福島の野外遊び:Blog版

2008-12-23

12/23 日向山

 天皇誕生日で、東京タワー誕生50年の今日は福島に帰らずこちらで過ごしました。
 今年2回目の登山、会社の先輩と山梨県白州の日向山(1659.6m)に行ってきました。前々から甲斐駒の眺めがとても良いと聞いていたので行きたかった山です。山と言っても南アルプスにあってその標高ですから本格的な登山とは言えません。コースも”ハイキングコース”と言う位置づけになっています。それでも久々の山歩きは息がきれ苦しいものでした。

 車止めの駐車場には東京方面ナンバーの車が2台、人気があるんですね。わざわざ来るなんて。歩き始めが10時ちょうど、気持ちの良いカラ松林の中を黙々と進み約50分で頂上へ。ここはカラ松林で眺めがないため先へ進む。すると雁が原というはげ山に突然飛び出します。風化が進んだ花崗岩がすっかり砂になって草木も生えていません。北には富士見高原の向こうに八が岳、そして南には圧倒的な甲斐駒が!おばちゃん、おじちゃんが沢山いてこの白ざれを入れた甲斐駒の写真は満足に撮れませんでしたが、しっかり目に焼き付けてきました。・・・・というか、今週はEOSを福島に置いてきてしまい防水オリンパスデジカメで対応しました。まあ、軽くて良かった。




 いずれにしてもとても気持ちの良い場所でした。日陰は雪や氷がありましたが、陽のあたる場所は暖かく、何しろ眺めがよいのは何よりです。真夏は標高が低いだけに暑いだろうけど、春の新緑、秋の紅葉時期は昼寝をしに行っても良いかな?
 そこからちょっと進むと鳳凰三山や富士山も奇麗に見えました。冬型の天気で少し雲は多めだったかもしれませんが、まあこんなものでしょう。



 下りは尾白川支流の錦滝に向かいましたが、かなり急な下り道でした。この程度の山でこれほど苦労してつけたのにはどんな理由があったのか?と思うほどです。錦滝には30分ほどで到着。残念ながら氷瀑にはなっていませんでした。今年は暖かいんですね。本来ならばたぶん完全氷結している時期だと思います。おにぎりを食べたりしてあとは林道をのんびり車まで戻りました。

 そのあと竹宇駒ヶ岳神社にお詣り(駐車場でサル軍団が暴れまくってました)、火事で焼けた本殿は新しくなっていました。ちょっと小さくなったかな?いろいろとお願いすることが多く、時間をかけました。



 お風呂は”白州・尾白の森名水公園・べるが”に行きました。とても奇麗な、快適な温泉でした。お奨めです。

 と言うわけで、今年は2回の登山で終わってしまいましたが、来年は息子のドッジボールも終わるのでもっと気合いを入れていろんなところに行ってみようと思います。身体を鍛え直し、日帰り黒戸尾根往復(標高差2200m)を目標に頑張ります。でも、今日の3時間の歩行だけで膝が痛くなり、現在びっこじょうたいです。鍛えるだけではダメかも・・・・
22:10:29 - hanz - No comments TrackBacks

2008-12-15

ジュニアハンド



 長男、次男が中学でハンドボールをやっていたのでその影響で三男もジュニアハンドに行ってます。とは言っても毎週木曜、7時までのドッジ練習後に30分弱しか練習に参加できず、大会あってもドッジ大会と重なることが多くなかなか本格的には出来ませんでした。
 ドッジの連戦が一段落した先週の日曜は初めての大会に参加することが出来ました。福島には小学生のチームが他になかったのですが、つい最近北信地区でチームが立ち上がったためやっと試合が出来た次第です。
 高校生、一般の試合の合間にそれぞれ2チームつくって(俗に言うA,Bチーム)合計4試合行われました。うちの息子は最初のハーフはAチームに参加しましたが、後半からはBチームで元気な3,4年生に混ざって試合を楽しんでいました。
 それにしてもきちんと練習している3,4年生、なかなか上手です。ドッジをやったら凄い選手になりそう・・・・6年生はさすが、キャプテンは杉妻レボリューションの選手ですが、センスが違います。

 ドッジバカでず〜っと6年間頑張ってきましたが、こういう全く違う世界でのつきあいも本当によい経験だと思います。羨ましい限りです。
22:55:08 - hanz - No comments TrackBacks