福島の野外遊び:Blog版

ビデオカメラ トラブル記



今日は久しぶりの長野でのアパートにコモリっきりの休日でした。
ずっとパソコンとにらめっこ、アップデートのはずがトラブルです。

【1】
息子のドッジも今年で最後、DVDでも作ろうかと昨年夏頃からずーっと考えていましたが、写真撮りが中途半端になりそうだし、悩んだまま年を越してしまった。県大会を目前にして、やはり購入しよう!と決めて買ってみました。 
でも、ドッジが終わってしまったら使い道なさそう、いやいや、山に行って大自然のドキュメンタリーでも作ってみましょう。滝の特集とか。

【2】県大会
ビデオを買い、安くなったSDカード16GBを3900円で購入。(なんでこんなに安いのだろう、はじめて買ったパソコンのHDは350MBだったし、メモリは8MBが5万円もした。)しかし、説明書を見るとバッテリーの持ちがだいぶ良くないらしい。なので近隣のカメラ屋、電気屋さんを探しまわってみたもののどこも取り寄せとか。まあ、何とかなるだろうと思いながら県大会へ。

【3】県大会撮影
新しいビデオカメラにはファインダーがついていない、液晶画面で確認するしかない。ぶれが心配なので一脚を使用して撮影開始。でもファインダーなし、一脚使用では機能性がかなり悪い。
で、やはりバッテリーの減りが早い。午前中でほとんどなくなってしまった。
幸い体育館の管理人に私の親戚がいたので40分ほど充電してもらえた。これは内緒ですよ。
で、いよいよ決勝という場面で残量が!!液晶画面を閉じても撮影続くことがわかったので閉じて撮影してみたのですが、結局減り方は同じだった。1セット目を撮ったところでご臨終、中途半端なビデオになってしまった。

【3.5】バッテリー購入
バッテリーがなくてはどうしようもないので、購入。純正品はものすごく高価なので、ネットで3rdパーティー製を購入。残量表示がされないのだが、だいたい感覚でわかるはず。めちゃくちゃ安い。

【4】編集のために
ビデオ映像のPCへの取り込み!
ビデオについてきたビデオ取り込みソフトはWIN用のみ。Mac用は静止画取り込みだけでした。
で、SDカードを読み込みゃいいのかと思っていたら、簡単ではなかった。
WEB検索で取り込み方法を探したら、MacOS標準のiMovieで取り込めるらしい。ただし、最新バージョンのみで、そのためにはOSも最新の10.5が必要とのこと。
iMovieは使い勝手もよいので、それじゃアップグレードするか!
ということでMacOSXの10.5化に挑戦。Adobe系のソフトが動作不安定になるという話もあったので今まで躊躇していたのだが、その時はなんとかしようということで。

【5】MacOSX10.5
これがトラブルの始まり。
インストール自体は相変わらず非常に簡単で、何事もなかったかのようにうまくいったと思ったのもつかの間、Mailがおかしい。今までのデータが読み込めていない上に送受信が全くできない。アカウント設定の問題かと思っていたが、接続確認では問題ないことがわかった。いろいろ調べてみたが状況は変わらず、削除、インストールしてもだめ。Atokが悪いのか?と思って捨ててみたりしたがそれでもだめ。
半日以上この対応で終わってしまった。
結論は、別のメールソフトを使うこと。
MozillaのThunderbirdというソフトをインストール。非常に使い心地がよいのですが、残念ながらデータをimportできない。あきらめることにした。
Mailがアップデートされたら使えるようになるかもしれないので一時回避で使うことにしてみよう。

おまけ。
Adobeの認証必要になり、使えなくなってしまった。
これがまた面倒、もうちょっとがんばりましょう。

他のソフトは今のところ大丈夫。とはいっても最近使っていたのはAdobeかExelかMailかWebブラウザかPhotoブラウザくらいしかなかったのでまあ何とかなりそう。

【6】ビデオの取り込み
ビデオをiMacに繋いで電源入れたらすぐ接続、ただデータの読み込みはすごく時間がかかりました。フルハイビジョン映像だったからと思いますが、2時間以上かかったかな?しかも容量が90GBに膨れ上がりました。ちょっと容量の大きい外付けHDが必要ですね。箱はあるので週末に買ってくるか。またお金がかなることばっかり。


posted at 23:26:39 on 2009-02-11 by hanz - Category: Mac TrackBacks

コメント

No comments yet

コメントを追加

:

:

トラックバック

TrackBack URL