福島の野外遊び:Blog版

新たな目標

日本には21座の3000m峰があります。
私は登山好きでも、元々岩登り専門だったため標高の高い、低いには興味も無く、またせっかく行っても頂上に立つこと無く帰ってくることが多かったため実績で言えばほとんど登ってないのと同じです。
なので、富士山、2番の北岳、17番の仙丈ヶ岳の3座しか制覇しておりません。
2900m峰は11座、これは甲斐駒、木曽駒、白馬、西穂高の4座のみ。このうち甲斐駒は6回登ってます。

で、昔から行ってみたかった山、それは南アルプスの赤石岳(3120m 第7位)です。南アルプスはホントの名前は赤石山脈と言いその中心が赤石岳という訳です。雄大な山容、とても奥深く簡単に行ける山ではありません。
しかし、日帰り可能であることがわかりました。
かなりきつそうではありますが、
 登り 9時間40分 標高差 約2100m
 下り 8時間00分 合計 17時間40分
休憩を入れてコースタイムの3/5として11時間程度はかかりそうです。
ただし、このコースタイムは宿泊前提の荷物を背負ってのタイムなので、もう少し早く歩けそうな気がします。また、最初の3時間は徒渉を含む沢歩きで、ここは私の得意分野なので9時間前後で歩けそうな気がします。

とすると、アパートから登山口まで約60km、1時間半、4時にアパートを出て6時に登山開始、11時〜12時頂上、下山16時〜17時
これで福島まで帰ってくるのは辛いな〜〜〜

水曜日は定時退社の日なので木曜日に休みを取って登って、金曜日は会社にいて体を休め、そんで福島に帰るというのが良いかな??
ん〜〜〜これなら行けそう。

もちろん体調と相談し、頂上着が12時以降になりそうなときは引き返すつもりで行かないと。

その他実現できそうな山がいくつか。
 ・日本最南端の3000m峰 聖岳
 ・前穂高、奥穂高、ジャンダルム(上高地から)これは行けそう
 ・槍ヶ岳 新穂高温泉から コースタイムは20時間くらい!ちょっと無理?

とりあえず、次は塩見岳(3052m)かな。標高差約1800m。
中学時代にはじめて買った「山と渓谷」の表紙の山です!
ここは林道歩きが往復で8kmあるので、そこを自転車でカバーすれば先日の常念岳と同程度の厳しさと考えられます。
さ〜て、いつにするかな??


・・・・・・・
以下は 常念岳に向けての日記 7月20日 

最近のジョギングと筋トレの効果確認のため、今週は常念岳に行く予定です。
昨年非常に苦労した燕岳とほぼ同等の標高差、登りのきびしい山です。
この登山の様子を見て今後の登山の参考にします。

当面の目標は
 甲斐駒ヶ岳の黒戸尾根 標高差 2200m コースタイム15時間
 剣岳の早月尾根    標高差 2200m コースタイム15時間30分
 塩見岳の塩見新道   標高差 1800m コースタイム14時間20分

今回の常念岳は     標高差 1520m コースタイム12時間

ということで、コースタイムの半分程度で歩けて膝や腰の痛みが出ないようであれば上の3つもなんとか日帰りで行けそうな気がします。

まあ、世の中にはこの黒戸尾根を超えて、仙丈岳を登ってまた戻ってくるという人もいるらしいので、それを考えたら軽いものです。

最近のジョギングでは心肺機能も向上してきており、あとは長時間歩いたときと下りの膝痛がどんなものかがポイントになります。
昨年の登山ではろくに運動もせず突然厳しい山登りをしたものだから全身がたがたでした。
体に余裕を残した登山が出来れば楽しい登山になると思います。

一眼カメラは諦めて防水カメラを購入しました。やはり一眼は重いです。
下り用の膝サポーターも重いですが、これは万全を期すために必需品です。
ザックはモンベルのレナパックという背当ての部分がメッシュで、本体と体が完全に離れる構造のものを買いました。
これで昨年より5kgは減量しているし、たぶんいけると思います。

posted at 00:06:28 on 2010-07-29 by hanz - Category: 山登り TrackBacks

コメント

No comments yet

コメントを追加

:

:

トラックバック

TrackBack URL